出版予定


※あくまで予定です。書名、予価、体裁、頁数ほか変更あります。

2024年

3


内藤実記
歴史と史料

内藤 政武/著 予価:本体10,000円(税別)A5判 函入上製
ISBN978-4-86722-125-9 C0021

学習院名誉院長、譜代大名挙母藩(豊田市)内藤家第15代当主である著者が、内藤氏の足跡を追った実記。平安時代に現れ、鎌倉・南北朝・室町・戦国の歴史に名を残し、江戸幕府を支えた譜代大名、旗本、幕臣や大名家家臣たちの歴史・系譜を長年にわたり徹底的に発掘した労作。
600人以上を収載。カラー口絵16ページ、資料編として―58家の歴代当主履歴、内藤氏系図、『吾妻鏡』『後鑑』にみる内藤氏、江戸時代の藩邸・藩校・家訓・家範・墓所と「内藤一族名簿」(兼索引)を付す。

3


パレスチナ/イスラエルを読み解く
錦田愛子 著 予価:本体2,000円(税別)A5判 並製
ISBN978-4-86722-126-6 C0022

イスラエル・ガザ戦争(2023 年)の背景をわかりやすく読み解く基本図書
慶應義塾大学での講義「現代中東論」をもとに、 パレスチナ/イスラエル紛争について、まずその概要と構造をつかみ、それを起点に歴史の流れに沿って解説した現代史。中東各地での在外研究の経験と現地との交流を活かしたコラム、理解に役立つ映画・文献ガイドも充実。図版多数。

3


移植医 万波誠の真実
閉ざされた修復腎移植への道

麻野 涼/著 予価:本体1,800円(税別)四六判 並製
ISBN978-4-86722-128-0 C0036

万波誠医師追悼
「悪魔の医師」とまでバッシングされた移植医の真実の姿を追ったノンフィクション・ノベル。
無脳症児からの腎臓移植を実行した大島伸一と「修復腎(病腎)移植」に行き着いた万波誠。激しく対立した2人の開拓者の足跡をたどり、日本の腎臓移植黎明期から現在までを描く。
患者に寄り添い、病気を治そうと思うがゆえの腎臓移植はなぜ阻まれるのか?
2兆円市場といわれる透析医療、その裏で蠢く渡航移植の闇に迫る。