出版予定


※あくまで予定です。書名、予価、体裁、頁数ほか変更あります。

2018年

8


チェ・ゲバラとキューバ革命
ポスタルメディアから読み解く

内藤 陽介/著 予価:本体2,700円(税別)A5判 並製
ISBN978-4-908073-52-6 C0022

2018年、ゲバラ生誕90 年。2019年、キューバ革命60年。
記念の年に満を持してのゲバラ本
盟友フィデル・カストロのバティスタ政権下での登場の背景から、
“ エルネスト時代”の運命的な出会い、モーターサイクル・ダイアリーズの旅、カストロとの劇的な邂逅、キューバ革命の詳細と広島訪問を含めたゲバラの外遊、最期までを郵便資料でたどる。
8


八幡神の正体〈新装改訂版〉
もしも応神天皇が百済人であるならば

林 順治/著 予価:本体2,000円(税別)A5判 並製
ISBN978-4-908073-58-8 C0021

八幡神は、なぜ、記紀で一切触れられていないのか?
全国に8万ある神社の約半分を占める八幡神の正体を明らかにする。
……八幡神のルーツは応神天皇であり、応神天皇は百済から渡来した王子昆支=倭王武であった……。
現在まで連なる八幡神信仰の深層に関わる日本国家の起源とエミシ征伐を丹念に追い日本古代史の定説を覆す。
2012年の初版(彩流社刊)を新装しわかりやすく大幅改訂。