出版予定


※あくまで予定です。書名、予価、体裁、頁数ほか変更あります。

2021年

12


神奈川から考える世界史
歩いて、見て、感じる歴史
藤田 賀久/編著 藤村 泰夫/監修
定価:本体2,000円(税別) B5判 並製
ISBN978-4-86722-105-1 C0022

2022年から始まる高等学校学習指導要領の地歴科の新しい歴史科目の根底を流れるコンセプト「地域から考える世界史」を念頭に、20人以上の高校・大学の教員チームが、生徒・学生に向けて、足元の地域から歴史を身近に感じるために編んだ副読本。
執筆者たちが問題意識をもって、地域を歩き、収集した史実には「地域から考える世界史」の根幹となる日本史と世界史をつなげることの面白さが満載。
新視点からの歴史散歩読本。

12


アフガニスタン現代史

内藤 陽介/著
予価:本体2,700円(税別)A5判 並製
ISBN978-4-86722-105-8 C0022

混迷のアフガニスタン情勢の理解に必須の通史!
911同時多発テロ事件とその後のアフガニスタン空爆から20年。
西側が支援した新共和国が崩壊し、再びタリバンが実効支配下に置いたアフガニスタン。
英国、ソ連、米国…介入してきた大国の墓場と呼ばれてきたこの国の複雑極まりない現代史を、切手や郵便資料も駆使しながら鮮やかに読み解く。